CONCEPT

コンセプト

古くて新しい工務店

滋賀で創業45年。
地元甲賀市に密着し、たくさんのお客さまのお家を建てさせていただき、またアフターフォローにもご指名いただいて参りました。
地元だからこそご愛顧いただき、地元だからこそ迅速なフォローも可能になります。
その中でも年々変化するお客さまのニーズをいち早くキャッチし、「地方だから」「田舎だから」とは言わせない新しい技術・工法を提案できるようにしております。
これからもまだまだ地元を愛し、また愛されて、お客さまの住まいの永久パートナーとして邁進して参りたいと考えております。

いっしょにつくる新しい住まい

任せっきりのお客さまの家はご遠慮いただきたいというのが私たちの本音です。
よい家を建てる努力は精一杯いたしますが、
「お客さまの生活に合った」「想いを詰め込んだ」家にするには、やはりお客さまとの綿密な打ち合わせや深いコミュニケーションが必要になります。
そういった時間を大切にしており、それ故にお客さまにも可能な範囲で家づくりにご参加いただいております。
そうすることで、より愛着を持って住んでいただけると考えております。
家づくりに参加されたお客さまからは「参加してよかった。自分の家という認識がとても強く、ずっと住んでいたい家になった。」とお喜びのお声もいただいております。
ぜひ、建築現場にお越しいただき、家づくりにご参加をお願いいたします。

よい家は、じっくり建てる

多くのお客さまが初めてお家を建てられるお客さまです。
また、そのほとんどの方がお家を建てる明確なイメージを持っておられません。
そういったお客さまが、最初に質問されるのが「どんな家にしたらいいですか?」というご質問です。
その際、私たちはお客さまに質問します。「どんな家に住みたいですか?」と。
私たちが最初に取り組むのは現場での作業ではありません。
お客さまと一緒になって「理想の家」を考えるところから取り組みます。

イメージの共有作業

お客さまの漠然としたイメージや部分的な要望を「図面」という1つの形にし、その図面のお家で暮らしているイメージが見えるまで何度も何度も打ち合わせを重ねます。
お客さまと建築家と私たちの3者でイメージの共有作業をじっくりと時間をかけて行い、「お客さまがイメージできる図面」を目指すことで、建てる前から実生活とのギャップを縮めておくことができます。それによって、満足な生活をスムーズに開始することができるのです。

お願い

私たちの目的は、お客さまにとって、よい家・よい住空間を造ることです。
そのため、じっくりとヒアリングし、設計し、イメージを共有することに時間をかけております。
私たちの家づくりにご参加いただくために、以下のお願いにご協力ください。

十一屋工務店からのお願いにご協力ください。
・私たちの家づくりは時間をかけます。
・打ち合わせの時間も多く頂戴します。
・ご家族皆さまでご相談の上、ご希望ご要望をお聞かせください。
・任せきりにしないでください。
・ぜひ建築現場に足を運んでください。

私たちは本当によい家を建てたいと考えております。
見た目だけではなく、住んでよい家を目指しています。
時には試行錯誤しながら、時にはたわいもない話で笑いあいながら、互いに心から満足のいく家を目指していきたいと考えております。

CONTACT

詳しくはお問い合わせください